その後、多くのJazzアーティスト達に独自にアレンジされ演奏されていますが、例えば、Dexter Gordon(落ち着いたJazzらしい演奏)、Chet Baker(シンプルで早いテンポのアレンジ)、Art Blakey(ものすごく早いテンポの演奏)、Debbie Duncan(早いテンポの歌)などがあります。興味のある方は、YouTubeを検索してみてください

早いテンポによるアレンジが多いのは、歌詞の最後の部分『At last my heart’s an open door And my secret love’s no secret anymore』の部分を強く意識したからではないでしょうか。(あくまで個人的な見解です)

菊地康正氏の『Secret Love』もアップテンポにアレンジされています。そこで今回は、この曲で初音ミクwithヒロイン・ヒーローチームに踊っていただきました。

いかがでしたか? Jazzというとしっとりと聞く音楽というようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、アレンジ次第でダンサブルな楽曲も沢山あります。(実際にClubJazzというジャンルもあるようです)

ちょっと変わり種のアレンジとして’63年に英国のKathy Kirbyがロックビートを加えてダイナミックに歌っています。よろしければそちらもお楽しみください。Secret Love – Kathy Kirby (1963)

皆さんも、Jazzに限らず日々の生活で、励ましてくれたり、癒してくれたりするようなその時々に自分に合う音楽と沢山出会えるといいですね。

 

*今回のMikuMikuDance作成にあたり下記の方々のものをお借りしました*

モデル   : とらはぜさん ykihpさん YORS(よーす)さん はちもんじさん

背景    : 布カブッPさん

モーション : ブライアン成田さん

ありがとうございました。